Desperad's Rock

アクセスカウンタ

zoom RSS トゥルー・ロマンス

<<   作成日時 : 2010/03/14 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


「トゥルー・ロマンス」

監督:トニー・スコット

製作:1993年

主演:クリスチャン・スレーター/パトリシア・アークエット

脚本:クエンティン・タランティーノ

バーで知り合った女性に、ソニー千葉ことJJサニー千葉主演の

カンフーアクション映画3本立てを見にかないかと誘う主人公の

クラレンス(クリスチャン・スレーター)

そしてアッサリふられて、一人で映画館へ向かい

そこでアラバマ(パトリシア・アークエット)との運命的な出会いを

果たす。

いいじゃないか、デートにカンフー映画を見に行っても

とても共感できるシーンだ

JJサニー千葉のアップもこのシーンで見ることが出来る

この出会い自体は、クラレンスの働くショップの店長が、誕生日

プレゼントとして仕掛けたもので、アラバマはコールガールだったが

二人は本物の恋に落ち、翌日結婚する

アラバマ曰く「私は一人の男に100%尽くす女よ」

男なら一度は言われてみたいセリフだ

ハンス・ジマー作のテーマ曲も素晴らしい

ストーリー自体も小気味よく

ロード・ムーヴィーであり、ラブ・ロマンスである

トニー・スコットのテンポの早いカット割りも気持ちいい

脇役陣も豪華な顔ぶれで

・ゲイリー・オールドマン

・サミェエル・L・ジャクソン

・デニス・ホッパー

・クリストファー・ウォーケン

・ブラッド・ピット

・クリス・ペン

・トム・サイズモア

・ヴァル・キルマー

といった面々が顔を並べている

相変わらずゲイリー・オールドマンのキャラと演技はキレており

素晴らしい

また、ヴァル・キルマーのプレスリーっぷりも素敵だ

そして気になるポイントは

アラバマが家でTVを見ているシーンがあるのだが

それが「男たちの挽歌U」なのである

しかも、チョウ・ユンファの最高の見せ場のシーンを

見ている

とても楽しそうに見ており、とても気になる

面白い映画であるが、見終わって感じたことは

あまりに純粋な、激情と愛情

愛とはかくも激しいものなのか

それほどまでに互いに愛し合えるものなのか

男なら一生のうちに一度くらい

愛する女性に命をかける機会があってもいいんじゃないか

ということである

最高速で人を愛し、最高速でその感情が頂点に達する

その愛に勝るものなし

個人的に、余りラブ・ストーリーは見ないが

この映画は夢中になって見れる

それはきっと失ってしまった「純粋さ」を

時々この映画を見て、思い出したいからだろう

現在、DVDが廃盤となっており非常に残念な状況ですが

レンタル店に行けばきっとあるはずです

早急に再発売して欲しいものです。



↓ゲイリー・オールドマンのナイスなキレたキャラと演技


↓ナイスなハンス・ジマー作のテーマ曲



True Romance: Motion Picture Soundtrack
Morgan Creek
1995-08-29
Original Soundtrack

ユーザレビュー:
放送室1曲目の[Yo ...
ずっと探してた!一曲 ...
トゥルーロマンス映画 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



トゥルー・ロマンス [DVD]
東芝デジタルフロンティア
1999-05-27

ユーザレビュー:
う?ん・・・そこまで ...
傑作です。やはりトニ ...
チープだけれど、よい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トゥルー・ロマンス Desperad's Rock/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる